中学1年生は入学して1ヵ月が過ぎ、そろそろ学校にも慣れてきた頃だと思います。 学習面では、まだまだ英語も数学も始まったばかりで、さほど負担にはならないと思いますが、これからどんどんペースが速くなっていきます。そして、6月下旬には初めての定期考査である期末試験が待ち受けています。しっかり準備をして後悔しないようにしましょう。

ファイル

中学2年生は英語では未来形、数学では連立方程式などのさらにレベルの高い分野に入っていきます。ここでついていけなくなってしまう子がたくさん出てきます。 そうならないようにしっかり準備をしましょう。

また、2年生のこの時期は部活動でも中心になっていき、勉強と部活の両立ができなくなり、塾を辞めていく生徒が出てきます。今からが難しい分野に入っていきますので、ここで塾を辞め継続的な学習が途絶えてしまうと、勉強につまづいてしまう可能性が非常に懸念されます。ここは一踏ん張りして1年後、2年後の自分を想像しながら 乗り越えていきましょう。

中学3年生は修学旅行の時期を迎え気分的にも高揚していると思います。最後の学年ですので大いに楽しんでいいと思います。ただ修学旅行が終わるといよいよ期末試験、3者面談と受験に向けての非常に大事な行事が控えています。ここで気を引き締めて自分の志望校が母校になるようにしっかりがんばっていきましょう。諦めるは簡単 ですが、やり直すことは難しいです。後悔しなくていいようにしっかり自分の将来を考えて志望校を決めましょう。

最後にすべての学年に言えることですが、塾の課題は罰ゲームではありません。必要だから出しているのです。単語、英文の習得に近道はありません。コツコツと取り組んで行けば、必ず習得できるようになります。真剣に取り組んでいきましょう。

保護者の皆さんへ

さまざまな問題が指摘されている今日の教育ですが、最も大切なことは、子供たちが何のための勉強なのか自覚を持って、学習に取り組むことです。この様な姿勢が身につけば、自分のことは自分で解決できる人間になってくれると思います。 そのためにも子供たちと正面から向き合い、さまざまな問題を解決しながら、一歩一歩子供たちの夢の実現に取り組んでいきます。時には弱音を吐くときもあると思いますが、応援の言葉をよろしくお願いします。 今後ともよろしくお願いいたします。 学習塾 小鳩の集い塾長小林 明宏